ボーナス前のレジャーに活用する

無利息のサービスをしている消費者金融ではそれぞれ無利息期間や借入のタイミングなどが異なりますが、基本的にはその期間内で返済をすれば無利息でお金を返済することができます。逆にもしその期間内で返済ができなければその消費者金融が設けている利息が付きますので利息込みの値段で支払いをすることになります。そのため、短期間で返済する計画を立てなければ無利息のキャッシングサービスを上手く活用することは難しいです。

しかし、例えばボーナス前の週にレジャーなどで楽しむためにキャッシングを利用して無利息でお金を借りて次の週にそのボーナスで返済することで活用できる可能性があります。
例えば、一週間無利息キャッシングのサービスを提供しているところでは借入から一週間で返済するのであれば何度でも無利息で貸してくれます。無利息で借りてその翌週にボーナスでその借りたお金を返済すれば無利息で借り入れるため、負担は少なくなります。

最近ではネットで簡単に登録でき、即日融資してもらえるような消費者金融が沢山あります。その為、いとも簡単に手元にお金が入ってきます。しかし忘れてはならないのは、必ず返済日はやってくるということです。借り入れをする場合は、しっかりと返済計画を立てて上手にキャッシングするようにしましょう。

結婚式のご祝儀で活用する

結婚式のご祝儀で無利息のキャッシングを活用することができます。結婚式のご祝儀の相場は凡そ3万円とされており、大金であると思う人も多いです。そのためお金の準備に苦しむ方も少なくないでしょう。

結婚式は当然前もって招待状を受け取り、開催日時なども決まっているケースが多いので、前もって準備をしておくのが一般的です。しかし、結婚式の出席を多く求められることもあります。20代前半の時は社会人になったばかりの年代なため、なかなか結婚のタイミングを掴むことができずに仕事に集中する人が多くいます。一方で20代後半から30代前半においては仕事にも慣れて家庭を持ちたいと思う人も少なくないでしょう。このような年齢の時期には友達や同僚など自分の周りで結婚する人も多く、月に2回や3回出席を求められるケースは珍しくありません。顔が広い人であればもっと多くの出席を求められる人もいます。

出席数が多ければ多いほど全て把握していることは難しく、忘れていたという経験がある方も珍しくありません。前もって準備をしていなかったときでも、招待状には出席に丸をしているのであれば今更出席を拒否することは難しいです。

このような時に無利息なキャッシングを利用して短期で返済すれば負担を少なくしてご祝儀を準備できます。

家賃の支払いに活用する

無利息で利用できる消費者金融の活用方法として挙げられるのが家賃に活用することです。家賃とは住宅を借りる代わりに毎月その利用料を支払います。賃貸借契約を結ぶため、家賃の支払いができなければその部屋を追い出される可能性もあります。そのため、給与が入金されたら光熱費などの支払いの金額を使わずに口座の中に置いておくのが一般的です。しかし、どうしても家賃が支払えない状況に陥る可能性があります。

例えばショッピングをし過ぎた時です。街の中に遊びに行けば自分の好みの洋服などが販売されており、思わず購入してしまう人も少なくないでしょう。ショップの中にはクレジットカードを使うことができないお店もあり、どうしても現金で支払う必要があるお店もあります。家賃を支払わなければならないことはわかっていてもどうしても手に入れたくて洋服や靴を購入する人もいます。

このような時に無利息のキャッシングを活用すれば家賃を支払うことができます。当然無利息の期間が決められているところもあるので、その期間以内に返済をしなければなりません。しかし、高額な家賃の支払いをしていない方であれば次の月はショッピングを抑えて一括で返済をすれば無利息で利用することが可能です。

無利息で利用できる消費者金融がある!?

お金を借入できる会社はとてもたくさんあります。多くの人がイメージする借入できる会社には銀行があります。銀行は住宅ローンなどの融資も行う金融機関で、住宅を所有している人の中には実際に銀行からローンを組んでお金を借りている人も少なくないでしょう。基本的に審査に通れば住宅ローンなどの大きな金額の貸付も可能です。しかし、審査が厳しいとされており誰でも借りられるということは少ないです。

その他にも消費者金融があります。消費者金融とはキャッシングサービスなどを提供し、利用者にお金を貸すサービスを行うところです。当然その人によって貸付ができる最高額が決められており、更に審査なども設けられているため誰でも借りられるということはありません。まだ利用したことがない方の中には銀行よりも利息などが高いのではないかと思われる人もいます。基本的に銀行よりも安い利息で貸付をしているところは少ないですが、現在では無利息で貸付をしてくれるところもあります。

利息は借りたお金に応じてかかる費用で、利息を支払うことでその分支払い期限が伸び、借りた金額よりも多く支払わなければなりません。一方で無利息であれば借入金額よりも増えることが少ないため、返済の負担を軽減することができます。無利息にも一定の条件などが設けられていますが、活用することでメリットを感じる人もいます。今回は無利息で利用できる消費者金融の活用方法について紹介します。